神殿や神社で行う「神前式」

町なかや観光地にある神社でする結婚式

新郎は紋付袴・新婦は白無垢などの、伝統的な日本の婚礼衣装に身を包み、神社の神様の前で結婚を誓う神前式。昔から日本に伝わる伝統的な儀式を体験することができ、他のスタイルの挙式にはない奥ゆかしさも感じられるのが特徴です。家と家のつながりを大切にする神前式では、基本的に新郎新婦とその親族のみが参加します。昔から新郎新婦にとって馴染みがあった、町なかの神社で挙式をすることができるほか、観光地にある有名な神社を選んで結婚式を挙げることも可能です。

挙式後には、神社併設の会館で披露宴をしたり、別の場所にある会場に皆で移動して披露宴をしたりすることもあります。参加人数が少なければ会席料理店で親族を中心に集まり、食事会をすることもあるでしょう。

ホテルや結婚式場に併設された神殿でする結婚式

神前式は一般の神社だけでなく、ホテルや専門式場に併設されている神社の神殿で挙げることもできます。ホテルや式場にある神殿は、全体が大きな木造の建築物となっている、一般的な神社とは違うように感じられることもあるでしょう。しかしホテルや専門式場の神殿にも、ちゃんと神様がお祀りされています。もちろん雅楽の演奏や巫女の舞などもおこなわれます。挙式後には同じ敷地内にあるパーティ会場に移動して、披露宴をすることが多いでしょう。

挙式と披露宴の会場が近いため、高齢のゲストや小さな子ども連れのゲストにとって移動しやすいのが、この式場の良いところです。天候が不安定な時期でも、安心して神前式をすることができるでしょう。